ゼニカルの通販

ゼニカルの飲み合わせについて

まず始めに、ゼニカルとオルリスタット、その他後発薬についてです。

あるサイトにてゼニカルが紹介されていましたが、そこでゼニカルの後発薬(ジェネリック)として『オルリスタット』が紹介されていました。

これは誤りですので解説しておきますと、オルリスタットはゼニカルの主成分であり、一般名です。

つまり、ゼニカルに含まれる成分がオルリスタットであり、これは後発薬などではありません。

オルリスタットを含有する後発薬がゼニカルの後発薬に当たりますのでお間違えの無いようにお願いします。

以上の点を踏まえた上で、ゼニカルの安全性についてお話致します。

ゼニカルが危険な薬であるとして紹介しているサイトが幾つか見受けられたのですが、これも過剰反応ですので閲覧の際には注意して下さい。

ゼニカルは体内の脂肪消化酵素を抑制する事で脂肪の消化吸収を妨げる働きがあります。

これがダイエットサプリと勘違いされる理由でもあるのですが、ゼニカルは医薬品ですのでその点にもご注意を。

ゼニカルは食事中、もしくは食後一時間以内に服用するのが一般的な服用方法ですが、ゼニカルを服用した場合、その食事中に含まれる脂肪分の凡そ30%を消化吸収せずに排便します。

つまり、脂肪分の多い食事を摂取した場合には高い効果を発揮し、脂肪分の少ない食事を摂取していた場合には余り効果が得られません。

また、ゼニカルを危険視する声もありますが、これはゼニカルが持つ成分の特徴にあり、副作用の一つとして脂溶性ビタミン類の吸収も妨げてしまうという点を理由としています。

確かに、脂溶性ビタミン類は脂肪に溶け込む事で消化吸収されますので、ゼニカルを服用した場合には脂肪分と同様に30%消化吸収されません。

ですが、上記した通り、それは30%であり、全てが吸収される物ではありません。

その分、多くの脂溶性ビタミンを摂取するなどすれば解決する問題ですし、そもそもゼニカルは医薬品ですから、日本国内では医師の指導の下に処方されます。

よって、健康体で平均体重の方が服用すべきではありません。

医師の指導に基いて服用すればそれ程の危険性が無い事は上記した通りで、医師の指導が受けられない個人輸入などで服用する場合には自己責任となりますから安全性の保障はし兼ねます。

以上のようにゼニカルが医薬品であり、重度肥満体の方や糖尿病の方などが服用する薬ですから、この状況下に置いては医師の判断に従って服用されるのが前提条件です。

これにより、初めて高い安全性が確保されます。

飲み合わせによって効果の増減があったり、同時に摂取する事で副作用を増強させてしまう食物もありますので、これらの知識がある人間の指導の下で服用するようにして下さい。

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ